味はもちろん折り紙付き

list

2018/04/16
注文する時は冷蔵か冷凍かに注意
2018/04/16
浮いた時間は団欒に割ける
2018/04/16
地域によって異なるお食い初めのしきたり
2018/04/16
味はもちろん折り紙付き

お食い初めの儀式を家族皆でお祝いしましょう

赤ちゃんが産まれて100日から120日頃に行われる「お食い初め」。数ヶ月無事に成長できた事をお祝いし、一生豊かな食事をおくれる事を願う儀式です。
お食い初めのお膳の内容は、尾頭付きの鯛、赤飯、すまし汁、煮物、香の物になります。それぞれの料理にはその季節の旬のものや、縁起の良い食材を利用します。
赤ちゃんがいるご家庭でお食い初めのお膳を用意するのは大変であり、縁起が良い食材は何があるのか調べるのも大変です。そこで、専門業者にお食い初めの膳をケータリングしてもらうのはいかがでしょうか。
既に盛り付けてあり、見映えも申し分ありません。お値段もリーズナブルなものから豪華なものまで種類も豊富に揃えてあります。
お食い初めに必要不可欠な「歯固めの石」は、神社の境内の石を使用します。これは、赤ちゃんのお宮参りをした時などに神社の境内で拾っておくと良いかもしれませんね。「歯固めの石」は、丈夫で健康な歯が育つよう願いを込めたもので、お膳のお皿やお椀に小石を3つ載せます。そして、小石をお箸につけてから赤ちゃんの歯茎にそっと触れさせます。お食い初めを終えた後日、神社の境内に石を返しにいきます。
家族皆で赤ちゃんの健やかな成長を願い、お膳を囲みながらお食事を楽しんでみてはいかがでしょうか。

お食い初めの料理は便利な専門業者がおすすめ

お食い初めとは、子供が一生食べ物に困りませんようにと願いを込めて行う行事です。一般的には生後100日前後に行われます。大事な行事ですので親としては盛大にお祝いしたいものですが、主役の赤ちゃんはまだ生後3ヶ月になったばかりでお世話も大変な時期です。そんな時期にお祝い用の食事と、さらに祖父母もお祝いにかけつけてきてくれるとなると人数分の食事も用意しなければいけません。
初めての子供なら慣れない行事の用意にママはてんてこ舞いです。そんなときに便利なのが通販サイトなどで販売しているお食い初め料理、御膳の専門業者です。様々な専門業者があるので自分の好みに合うスタイルの食事を注文することができます。
初めての行事で何をどう準備すればわからない方のために料理はもちろん器なども用意されていたり、最終的には大人が頂くことになるので自分の好きな食材を選べたり、基本的には手作り料理だけど見栄えのする尾頭付きの魚だけ注文したりと活用方法は様々です。
お祝いにきてくれた人達の分も注文すれば、味はもちろんプロの料理なのでみんな大満足間違いなしです。通販サイトなら赤ちゃんがちょっとお昼寝しているうちに前もって注文しておいて、あとは配達されるのを待つだけなのでママも気楽ですね。
一生に一度きりお食い初めです。専門業者の力をかりて盛大にお祝いして思い出に残る行事にしましょう。

news

TOP